つるおか おうち御膳

秋の郷土料理

からとりのごま和え

芋の葉柄とあなどるなかれ。秋の精進料理に欠かせない一品。
からとりは、からとり芋の茎(葉柄)のこと。このからとりの皮をむき、干して保存食にします。

● 材料(4人分)

からとり芋の茎(生)
250g
ごま
大さじ2・1/2
砂糖
大さじ3
醤油
大さじ2・1/3
みりん(酒でも良い)
少々

 

● 作り方

からとりの皮をむき、大きめの鍋にお湯を沸かし少量の酢を入れてゆでる。

ザルにとり、水にさらしてから手で水気をきっちりとしぼる。

ごまをよくすり、砂糖、醤油、みりん又は酒で味付ける。

からとりを食べやすい長さに切ってで和える。(器に盛ってからかけても良い)


ポイント

*からしを加えても良い。
*ゆで過ぎるとサクサクした食感がなくなるので注意する。
*えぐ味が気になる場合は、水につけておくとなくなるが、サクサクとした歯ざわりはなくなる。

ページトップ

鶴岡食文化創造都市推進協議会

事務局 ● 鶴岡市企画部 食文化創造都市推進課 〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9-25
TEL . 0235-25-2111 FAX . 0235-25-2990
お問い合わせ ● syokubunka@city.tsuruoka.yamagata.jp

© Tsuruoka Creative City of Gastronomy Promotion Committee. All Rights Reserved.