つるおか おうち御膳

夏の郷土料理

夏イカのもんぺ焼き

串に刺し、囲炉裏で焼く昔ながらの炉端料理。
焼いているイカがぷくっとふくれてくる様子が、もんぺにそっくりであることから名付けられました。

夏イカ

夏から秋にかけて旬を迎えるスルメイカ。7月中旬のものは『夏イカ』などと呼ばれ、特に美味しいと言われています。高たんぱく、低カロリー、低脂肪で、豊富に含まれるタウリンは血液中のコレステロールを下げ血圧を正常に保つ役割もあるとされています。

● 材料(4人分)

夏イカ
4杯
青しその葉
4枚
味噌
大さじ2
砂糖
大さじ3
みりん
少々

 

● 作り方

1イカの足をはずしわたと口を取り、よく洗ってペーパータオルで水気を取る。

2味噌、砂糖、みりん、細かく刻んだシソの葉をよく混ぜる。

3以下の足に2をよくからませ、足の先から胴体にいれ、爪楊枝で閉じる。胴の表面に包丁で4、5カ所切れ目を入れる。

4グリルで両面をよく焼く。適当な大きさに切る。この時出る汁は捨てずに絡めながら食べる。


ポイント

*イカの足から出る水分を考えて、調味料はちょっと濃いかな?という程度にする。
*イカはグリルではなく、フライパンでも焼ける。
フライパンの場合はイカから汁が出て蒸し焼き状態になり、グリルだと香ばしく焼き上がる。お好みでどうぞ。

ページトップ

鶴岡食文化創造都市推進協議会

事務局 ● 鶴岡市企画部 食文化創造都市推進課 〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9-25
TEL . 0235-25-2111 FAX . 0235-25-2990
お問い合わせ ● syokubunka@city.tsuruoka.yamagata.jp

© Tsuruoka Creative City of Gastronomy Promotion Committee. All Rights Reserved.