つるおか おうち御膳

夏の郷土料理

枝豆ご飯

枝豆の豊かな香りに酔いしれる、伝統の豆料理。

だだちゃ豆

独特の香りと甘味・旨味があり、日本一美味しいと言われる鶴岡特産の枝豆。
『だだちゃ』とは、地元の言葉でお父さんのこと。昔から親しまれてきた枝豆ですが、近年全国的に知られるようになりました。最盛期は8月下旬。

● 材料(4人分)

2カップ
枝豆(サヤから出したもの)
1カップ
2カップ半
醤油
大さじ1半
大さじ1半
塩
小さじ1

 

● 作り方

米を通常のご飯を炊く要領でといておき、分量の水にひたしておく。

枝豆はさやから取り出しておく。

の豆を入れ、更に調味料を入れて炊く。

炊きあがったらヘラで混ぜる。


ポイント

*もち米を少し加えても美味しい。
*生のサヤ付の枝豆は、塩をふってから揉み10分位おいておくとサヤから取り出しやすくなる。
*枝豆を下ゆでし、豆のゆで汁と調味料のみを入れご飯を炊き、炊きあがったらゆでた豆を混ぜる方法もある。

ページトップ

鶴岡食文化創造都市推進協議会

事務局 ● 鶴岡市企画部 食文化創造都市推進課 〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9-25
TEL . 0235-25-2111 FAX . 0235-25-2990
お問い合わせ ● syokubunka@city.tsuruoka.yamagata.jp

© Tsuruoka Creative City of Gastronomy Promotion Committee. All Rights Reserved.