女性リポーター

vol.007 【平成27年度 番外編】都道府県対抗CMコンペ全国上位3作品に選出!

制作:平成28年1月  受賞:平成28年4月23日

沖縄国際映画祭の恒例企画でもある「JIMOT CM COMPETITION(よしもと住みます芸人が地元をPRする都道府県対抗CMコンペ)」において、鶴岡食文化女性リポーターが山形県代表作品を制作・出品しました。出品した「eat&smile部門」のテーマは「食を楽しむ」。山形県代表作品として、冬の庄内のソウルフード「寒鱈汁」をテーマにしたコミカルで楽しい動画が見事47都道府県中上位3作品に選出されました。
↓クリックするとCM作品がご覧いただけます
住みます落語家 笑福亭笑助さんを囲んで 「こぉ!(食べよう!)」
(銀座通り 日本海寒鱈まつりにて)

名脇役の岩のり

滑りやすい岩場での岩のりの収穫を体験。時折来る大きな波に気を付けながらの撮影でした。

主役は寒鱈!

由良漁港で、輝修丸の皆様にご協力いただき、寒鱈の水揚げの様子を撮影。笑助さんも作業の列に入らせていただきました!まるまる太った寒鱈の大きさにビックリ!

インタビュー

東北住みます落語家
笑福亭笑助さん
Q1. 今回のCM制作で一番大変だったことは?
⇒冬の屋外ロケが大変でした。ものすごく寒くて震えましたよ。自分が住んでいたところはめったに雪が降りませんから、あの寒さの中仕事をしている漁師さんって偉いなぁと思いました。
Q2. CM制作で印象に残ったことは?
⇒やっぱり「のり」ですかね。岩から採るなんて生まれて初めて経験させてもらいました。波もすごかったですよね。しかも「のり」が美味しくてびっくりしました。あとは、魚の競りの現場!水揚げも競りも初めて見ました。漁師さんってかっこいいですよね。漁に出た夫を待つ奥さんがまたいい!なんか夫婦っていいなぁと思いました。
Q3. 寒鱈まつりに参加してみたご感想は?
⇒寒鱈汁美味しかったです!また食べたいけど、冬まで待たないといけませんね。オス・メスにもこだわりがあることを知ってびっくりしました。沢山の人が食べに来て、とても賑わっていて、お祭りになっちゃうところがいいですね。
Q4. 今回作ったCMを使うとしたら?
⇒自分の落語の登壇に使ってみたいですね。スクリーンに映し出して「かんだら~じるをたべよう~♪」って出囃子代わりに使ってみたいです。
Q5. 最後に鶴岡の印象はいかがですか?
⇒地域一丸となって、まとまっているのをすごく感じました。世の中人口が減っているなど心配なことが多いですが、鶴岡は将来楽しみな街だと思います。食文化がしっかり根づいていて、さまざまな活動と絡んでいるのがいいところだし、未来は明るいと思いました。鶴岡を離れた若者に是非帰ってきてほしいですね。CMをきっかけに、皆さんともお会いできて良かったです♪
(インタビュアー:菅原 典子、佐藤 裕子)

【制作後記】
リポーター
佐藤 裕子
菅原 典子
相沢 こづえ
よしもとクリエイティブエイジェンシー×かんぽ生命企画「JIMOT CM COMPETITION Eat&Smile部門」のCM制作のお話をいただいた時、今度こそ何か賞を取り、鶴岡の宣伝をしたいと思い、二つ返事で引き受けました。食がテーマのCMなので、時期的に「庄内の冬の郷土食 寒鱈汁」を選び、山形住みます落語家の笑福亭笑助さんとともにロケを行いました。冬の屋外の撮影は顎がガクガクするほど寒い!こんなに寒い中、漁師さんや岩ノリ摘みの方が頑張ってくれているから、美味しい寒鱈汁が食べられるのね…。と改めて漁師さんや冬の恵みに感謝でした。
出品した作品は3月からインターネット上で一般投票が始まりました。投票への呼びかけにたくさんの方が協力してくださり、なんと、都道府県47作品のうち、上位3位に選ばれ、沖縄国際映画祭内で催されるファイナルへの進出が決定!その様子を取材に行ってきました。
「沖縄国際映画祭」はすごい盛り上がりを見せていました。前日から梅雨入りしたこともあり、カメラが曇ってしまうほど!最終決戦は「徳島県 南阿波丼」、「群馬県 至高のすき焼き」と我らが「山形県 寒鱈汁」。CM映像がメインステージの大きなスクリーンに映し出された後、作品のPRタイムがあり、鶴岡は美味しいものがいっぱい!と宣伝。
残念ながら、グランプリは群馬県の作品に。それでも、観客の方が「山形のCM良かったよね!」と話しているのが聞こえ、嬉しかったです。寒い時期の映像は沖縄のみなさんはなかなか見ることができないと思うので、少しでも山形に興味を持っていただけたら嬉しいです。
もしまたこのような企画があれば、次こそグランプリを獲りたいですし、今回のCM作品も山形の観光イベントなどで使ってもらえたらありがたいですね。食文化都市として、寒い冬でも食が楽しめる「鶴岡市」今後も食文化女性リポーターとしてもっと発信していけたらと思いました。

(コメント:菅原 典子)

沖縄国際映画祭 CMコンペファイナルの様子

4月23日、沖縄国際映画祭のメイン野外ステージにて行われた、「JIMOT CM COMPETITIONファイナル」
大勢の観客に見守られながら上映と結果発表が行われました。
残念ながらグランプリは逃してしまいましたが、それでもこんなに大きな会場で鶴岡のPRができたことはとても光栄でした。その様子はこちら↓

笑福亭笑助さんとリポーター

沖縄国際映画祭メインステージでの上映


ステージ上で鶴岡をPR

大スクリーンで「寒鱈~汁を食べよう♪」


ページトップ

鶴岡食文化創造都市推進協議会

事務局 ● 鶴岡市企画部 食文化創造都市推進課 〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9-25
TEL . 0235-25-2111 FAX . 0235-25-2990
お問い合わせ ● syokubunka@city.tsuruoka.yamagata.jp

© Tsuruoka Creative City of Gastronomy Promotion Committee. All Rights Reserved.