庄内の在来作物でつくるレシピ集「はたけの味」〈冬〉

レシピ 2

温海カブとがんもの煮物

カブの甘さを引き出すしょうが入りのとろみ汁。う〜ん、懐かしい。

● 材料(4人分)

温海カブ
4個
がんもどき
2個
※煮汁A だし汁
800cc
※煮汁A 酒
大さじ5
※煮汁A みりん
大さじ5
※煮汁B 砂糖
小さじ0.5
※煮汁B 醤油
大さじ3
※煮汁B みりん
大さじ2
少々
くず粉(片栗粉でも可)
大さじ2
しょうが汁
大さじ1

 

● 作り方

カブは葉を切り落として皮をむき、4つ割にして熱湯でさっとゆで、水気を切る。葉も適量をゆで、水に入れて冷まし、食べやすい長さに切る。


 

がんもどきは熱湯で2〜3分間ゆでて油抜きをする。

鍋に煮汁、カブ、がんもどきを入れて強火にかけ、煮立ったら中火で5分位煮て、さらに煮汁を加えて10分位煮詰める。

仕上げに塩少々で味を調え、倍量の水で溶いたくず粉を回し入れ、とろみをつける。

火を止めて、カブの葉としょうが汁を加え、汁ごと器に盛りつける。


ページトップ

鶴岡食文化創造都市推進協議会

事務局 ● 鶴岡市企画部 食文化創造都市推進課 〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9-25
TEL . 0235-25-2111 FAX . 0235-25-2990
お問い合わせ ● syokubunka@city.tsuruoka.yamagata.jp

© Tsuruoka Creative City of Gastronomy Promotion Committee. All Rights Reserved.