つるおか おうち御膳

秋の郷土料理

芋煮

秋の風物詩『芋煮会』
秋晴れの週末ともなると、市内の河川敷や、海岸のあちこちで芋煮会をしている風景が見受けられます。内陸地方の牛肉を入れた醤油味の芋煮に対し、豚肉が盛んな鶴岡市を中心とした庄内地方は豚肉を使った味噌味が主流です。

● 材料(4〜6人分)

里芋
200〜300g
豚肉
150〜240g
長ねぎ
100〜150g
こんにゃく
150〜200g
油揚げ
1枚
椎茸
4枚
味噌
大さじ3〜6
大さじ2

 

● 作り方

里芋はひと口大に切り、こんにゃくは手でちぎって、それぞれさっと下ゆでしておく。

豚肉は3〜4cm、油揚げは食べやすい大きさに切る。椎茸は石づきを取り4等分にする。

鍋にたっぷりの水またはだし汁を注ぎ、里芋、こんにゃく、酒を入れて煮る。

芋がやわらかくなってきたら、豚肉、椎茸、油揚げを加え、味噌で味付けし、最後に斜め切りにした長ねぎを入れる。


ポイント

*皮つきの里芋は、泥を落としてお湯でさっと煮ると、手で簡単に皮がむける。
*人参を加えると彩りが良くなる。椎茸は干し椎茸でも良い。
*だしは焼き干しや市販のだしなどを用いる。
*豚肉をさっと下ゆでしてから加えるとあっさりとした出来上がりになる。
*酒のかわりに酒粕でも良い。

ページトップ

鶴岡食文化創造都市推進協議会

事務局 ● 鶴岡市企画部 食文化創造都市推進課 〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9-25
TEL . 0235-25-2111 FAX . 0235-25-2990
お問い合わせ ● syokubunka@city.tsuruoka.yamagata.jp

© Tsuruoka Creative City of Gastronomy Promotion Committee. All Rights Reserved.