生きた文化財 在来作物

早田ウリ

鶴岡市早田(わさだ)地区で栽培されている。十条の縞と5つの心皮(種のはいる部屋)を持つ珍しいまくわうり。プリンスメロンのような風味と食感を持ち、銀色に光る果皮は見た目にも美しい。

特色

  1. 「早田ウリ」を伝承しようと2011年に「早田ウリ保存会」を結成。
  2. 令和3年から鼠ヶ関小学校の授業で子供たちと一緒に栽培を始めた。
  3. 動物たちの被害が大きいので電気柵を設けた圃場に令和3年度は150株を植えた。
  4. 早田ウリは熟すとヘタから自然に外れるので、収穫は拾うだけという手がかかない。
  5. 販売場所は道の駅「しゃりん」のみ。早田ウリアイスクリームじゃ通年を通して販売している。
  6. 食べ方は主に生食。他にジュース、ゼリーやシャーベット、漬物のレシピあり。早田ウリのカクテルなど。
令和3年8月取材
早田ウリ圃場

早田ウリ圃場

電気柵

電気柵

★★早田ウリ

★★早田ウリ

熟すとヘタが自然に果実から外れる

熟すとヘタが自然に果実から外れる

掌に乗るくらいのサイズ

掌に乗るくらいのサイズ

早田ウリの花

早田ウリの花

本間洋一さん(左)と本間新さん(右)
本間洋一さん(左)と本間新さん(右)
早田ウリアイス

早田ウリアイス

参考資料

「早田うりのはなし」 山形大学農学部野菜生産額分野編参照

ページトップ

鶴岡食文化創造都市推進協議会

事務局 ● 鶴岡市企画部 食文化創造都市推進課 〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9-25
TEL . 0235-35-1185 FAX . 0235-25-2990
お問い合わせフォーム

© Tsuruoka Creative City of Gastronomy Promotion Committee. All Rights Reserved.